リフォームをどうしようか迷ったらここをチェック!正しい判断をしよう

>

リフォームが必要になってきた事例とは

リフォームが必要になるとき

・家の一部の劣化が激しくなってきたとき
どうしても長年住んでいると劣化はしてしまいます。
個の劣化が激しくなってきたときにはリフォームのサインです。
例えば壁のひび割れや屋根の剥がれ、床の浸水などの症状があれば、早めにリフォームをする必要があります。
一方、汚れてきた、ひび割れとまではいかない傷がついてきた、などであれば急を要してリフォームをする必要がない場合もあります。

・浴槽やトイレなどの交換時期が来た時
浴槽は15年を過ぎたころから交換時期に入ってきます。
すぐに交換する必要はありませんが、徐々に劣化が目立ってくるので、交換するためのリフォームも視野に入れておく必要があります。
また、トイレは耐久性は高く、何もなければあまり交換の必要はありません。
しかし、何らかの表紙にひび割れなどが起きてしまった場合は、急いで交換する必要が出てきます。

リフォームを考えるべき事例

・家事の動線が悪いとき
若いころはなんでもなかった家事が、だんだん年を重ねてくるにつれ辛くなってくることがあります。
そんな時、家事の動線が悪いと足腰に負担がかかったり、より疲れやすくなったりしてしまいます。
リフォームをすることで家事の動線が解決する場合もありますので、こういった場合もリフォームの決め手になることがあります。
段差や高い位置にある棚なども同様ですね。

・収納を増やしたい
人が長く住んでいれば、たくさんのものが増えていきます。
都度整理整頓していても、どうしても収納しきれない、という事もあると思います。
そんな時、リフォームで収納スペースを増やすことができます。
物があふれる前に、一度検討してみるのも良いですね。


TOPへ戻る