リフォームをどうしようか迷ったらここをチェック!正しい判断をしよう

>

大切な我が家を守るために

リフォームと建て替えの違い

家の一部が傷んでしまった、という場合はリフォームを選ぶ人が多いと思います、
しかし、新築で家を買った時には、家全体が傷んでくるもの。
あちこち色々なところを別々にリフォームするよりも、いっそ全部建て替えたほうがいいのではないか、と思うのも最もです。

リフォームと建て替えには次のような違いがあります。
・梁や柱などの主だった基盤は残し、傷んだ部分を新しくするのがリフォーム
改善、改築、増築などもリフォームに含まれます。
・土台から一度壊してしまい、すべて作り直すのが建て替え

ちなみ費用は耐震対策によって多少変わってきますが、建て替えのほうがやや高くなる傾向があります。
これは解体費用などが近年高額になってきているも影響しているんですね。

それぞれのメリットデメリット

・リフォームのメリットデメリット
コストが比較的安く、工期も建て替えに比べて短くて済みます。
また、問題のないところがあるのであれば、そこはそのまま残し、問題のある部分だけ、手を加えるという事が可能です。
一方、大掛かりなものでなければ間取りなどは変更できないため、なんでも自由に変更できるというものではなく、あくまで今あるものを修理する、といったものになります。

・建て替えのメリットデメリット
子どもが巣立ったので間取りを変更したい、実際は不便だったこの形を変えたい、など大きな変更にも対応できます。
またリフォームに比べてローンに通りやすいこともメリットの一つです。
デメリットはやはりコスト面。
また工期が長くなることや、工事中はそこに住むことはできないため、別に生活する場所を確保する必要があります。


TOPへ戻る